有料会員限定

OPECプラスの減産合意が意味することは何か ブレント原油で1バレル85ドルが防衛ラインに

✎ 1〜 ✎ 241 ✎ 242 ✎ 243 ✎ 最新
拡大
縮小
はためくOPECの旗
(写真:butenkow / PIXTA)

サウジアラビアとロシアが主導するOPEC(石油輸出国機構)プラスが2年半ぶりに減産に動いた。今月5日の閣僚級会合で、来月から生産割当枠を8月比で日量計200万バレル削減するとした。同970万バレルの大幅減産を決めた2020年4月以来の減産合意である。

これを受けてブレント原油は7日には1バレル=98ドル超えまで急伸、直近の安値84ドル割れ(9月26日)から17%の大幅反発となった。80ドル台前半の油価をOPECプラスは看過できないという意思を明確に示したことになる。本減産合意は今年末までだが、加盟国間で産油量を調整する協定を来年末まで延長し、油価防衛のために産油国が引き続き結束すると、明文化している。

次ページ両国の関係は最悪の状態に
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内