東ソーグループの石巻工場は大きな被害、残る9工場は直接被害は限定的か【震災関連速報】

東ソーグループの石巻工場は大きな被害、残る9工場は直接被害は限定的か【震災関連速報】

総合化学メーカーの東ソーは、東日本大震災によって、子会社の東北東ソー化学の石巻工場(宮城県石巻市重吉町)が特に大きな被害を受けた。

肥料を生産する石巻工場は沿岸部に位置しており、地震による津波に襲われたようだ。事務所やプラント、原料、製品が浸水。津波が工場に達した当時、現場では3人の社員が残っていたが、工場の上階に避難して、難を逃れた。工場は津波に流されなかったという。

ただ、30人弱の従業員のうち、一部とは15日時点でも連絡が取れておらず、稼働再開の見込みは立っていない。

東ソーはグループ全体で山形県や秋田県、茨城県などの東北・北関東地域に10工場を構える。これらは震災直後にほぼ操業を停止したが、石巻工場を除く9拠点が震災で直接受けた被害はそれほど大きくないようだ。稼働再開には、電力や物流などインフラの整備が条件となりそうだ。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。