東京スタイルの東北縫製工場は損壊なく通常稼働続ける【震災関連速報】

東京スタイルの東北縫製工場は損壊なく通常稼働続ける【震災関連速報】

「22オクトーブル」など百貨店を中心にファッションブランドを展開する東京スタイルは、東日本大震災の影響で百貨店の営業時間短縮の影響は受けているものの、縫製工場などの生産拠点には被害は出なかった。4つある国内縫製工場のうち、3工場が東北、北関東に所在しており、震災の影響を受ける可能性があった。

該当の縫製工場は、岩手県盛岡市みたけ、山形県米沢市中央、栃木県宇都宮市平出工業団地に所在する。3工場すべてで建物の倒壊や機材の故障もなく、従業員の大きなケガなどもなかった。現在は停電の影響で一時的に操業を停止することはあっても、通常操業を続けている。

なお、宮城県など被害の大きい地域では商品供給が困難な状況にある。ただ店舗に商品のストックも十分にあり、しばらく物流が滞っても店頭の営業活動には支障は出ないという。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT