東京スタイルの東北縫製工場は損壊なく通常稼働続ける【震災関連速報】

東京スタイルの東北縫製工場は損壊なく通常稼働続ける【震災関連速報】

「22オクトーブル」など百貨店を中心にファッションブランドを展開する東京スタイルは、東日本大震災の影響で百貨店の営業時間短縮の影響は受けているものの、縫製工場などの生産拠点には被害は出なかった。4つある国内縫製工場のうち、3工場が東北、北関東に所在しており、震災の影響を受ける可能性があった。

該当の縫製工場は、岩手県盛岡市みたけ、山形県米沢市中央、栃木県宇都宮市平出工業団地に所在する。3工場すべてで建物の倒壊や機材の故障もなく、従業員の大きなケガなどもなかった。現在は停電の影響で一時的に操業を停止することはあっても、通常操業を続けている。

なお、宮城県など被害の大きい地域では商品供給が困難な状況にある。ただ店舗に商品のストックも十分にあり、しばらく物流が滞っても店頭の営業活動には支障は出ないという。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。