TDKは岩手、茨城工場ともに復旧に着実な足取り、義援金1億円を寄付【震災関連速報】

TDKは岩手、茨城工場ともに復旧に着実な足取り、義援金1億円を寄付【震災関連速報】

コンデンサーや磁気ヘッドで世界首位級メーカーのTDKは15日、東日本大震災の影響で、現在操業を停止している岩手、茨城工場が操業復帰に向けた準備を着々と進めていることを明らかにした。

建物の一部が損傷し操業を停止している岩手工場(岩手県北上市)は、現段階で安全確認が終了。電力インフラも回復し、操業可能な状態にある。

生産設備が一部破損していた茨城工場(茨城県北茨城市)はまだ安全確認が終了していないが電力インフラは復旧。安全確認が終わり次第稼働が可能になる見通しだ。

TDKは同日、被災地支援のため義援金1億円を寄付すると発表した。国内外のグループ各社にも呼びかけ、社員による募金活動も開始している。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT