東海運は設備に大被害こそないものの6人消息不明、1人負傷【震災関連速報】

東海運は設備に大被害こそないものの6人消息不明、1人負傷【震災関連速報】

太平洋セメント系の東海運は東日本大震災により東北、関東地方の事業所で一部損傷などの被害を受けるとともに、15日現在、社員ら6人が消息不明、1人負傷と人的被害が出ている。

東海運は東北地方では、陸送基地の東北営業所(宮城県亘理町逢隈十文字)と、主要先・太平洋セメントの大船渡工場(12日現在で被害状況不明)の貨物を担う大船渡営業所(岩手県大船渡市赤崎町)を持っている。詳細は不明だが、東北営業所において従業員が骨折の大ケガを負ったもようのほか、大船渡営業所で地元の船員6人(社員2人、グループ会社社員4人)と連絡が取れない状態という。

一方、各施設の震災被害は「事業継続に特段の影響は与えない」(経営企画部)程度で済んだと見られる。会社側は作業の復旧を急ぐと同時に、消息不明者の安否確認に全力をあげている。

(内田 史信 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。