東海運は設備に大被害こそないものの6人消息不明、1人負傷【震災関連速報】

東海運は設備に大被害こそないものの6人消息不明、1人負傷【震災関連速報】

太平洋セメント系の東海運は東日本大震災により東北、関東地方の事業所で一部損傷などの被害を受けるとともに、15日現在、社員ら6人が消息不明、1人負傷と人的被害が出ている。

東海運は東北地方では、陸送基地の東北営業所(宮城県亘理町逢隈十文字)と、主要先・太平洋セメントの大船渡工場(12日現在で被害状況不明)の貨物を担う大船渡営業所(岩手県大船渡市赤崎町)を持っている。詳細は不明だが、東北営業所において従業員が骨折の大ケガを負ったもようのほか、大船渡営業所で地元の船員6人(社員2人、グループ会社社員4人)と連絡が取れない状態という。

一方、各施設の震災被害は「事業継続に特段の影響は与えない」(経営企画部)程度で済んだと見られる。会社側は作業の復旧を急ぐと同時に、消息不明者の安否確認に全力をあげている。

(内田 史信 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT