原発はもう民間企業では継続できない--大前研一、原発事故を語る

原発はもう民間企業では継続できない--大前研一、原発事故を語る

東京電力福島第一原子力発電所の事故が深刻化する中、被災地ら関係者だけでなく、日本全国、そして世界が不安に包まれ始めた。フランス原子力安全機関(ASN)が「米国のスリーマイル事故より深刻」との見方を示し、金融市場でも日本からリスクマネーを引き上げる動きが加速している。事故の原因や今後の展望をめぐっては、臆測を含めた情報が交錯している。

そんな中、原子力工学の博士号と技師としての経験を持つ大前研一氏が、自身が監修するビジネス専門チャンネル「ビジネス・ブレークスルー757ch」(スカイパーフェクTV!)で、今回の事故の分析と中期的影響予測を語っている。冷静なリスク判断の材料として必見だ。
(注・動画は3月13日20時の放送に合わせて制作。その後の事故の推移については織り込んでいない)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT