エイベックスは震災後に株価急落、安室奈美恵など67タイトルが発売延期に【震災関連速報】

エイベックスは震災後に株価急落、安室奈美恵など67タイトルが発売延期に【震災関連速報】

エイベックス・グループ・ホールディングスは15日、3月23~31日にかけて発売予定だったCDやDVDなどの音楽、映像ソフト67タイトルの発売を延期すると発表した。年間に発売されるタイトル数の1割程度に相当する。さらに、AAA(トリプルエー)や倖田來未などのコンサート・イベントも開催延期を決定。希望者にはチケットの払い戻しに応じる。

「東日本大震災で物流ルートの確保が難しくなったことに加え、消費者の心情に配慮した」(IR担当者)。発売は4月以降にずれ込むことになるが、具体的な日時は決まっていない。コンサートについては振り替え公演の会場を確保するのに時間がかかるため、数カ月後となりそうだ。

3月23日には安室奈美恵のアルバム発売を控えていたほか、3月9日にはEXILE(エグザイル)のアルバムが発売されたばかり。プロモーションを全面的に停止している状況にあり、業績への影響も懸念される。中期的に見ても、大震災を受けて音楽などのエンタテインメントへの関心は薄れる可能性がある。当社の株価は15日終値が873円となり、前日比で16.54%も急落した。

(前田 佳子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。