エイベックスは震災後に株価急落、安室奈美恵など67タイトルが発売延期に【震災関連速報】

エイベックスは震災後に株価急落、安室奈美恵など67タイトルが発売延期に【震災関連速報】

エイベックス・グループ・ホールディングスは15日、3月23~31日にかけて発売予定だったCDやDVDなどの音楽、映像ソフト67タイトルの発売を延期すると発表した。年間に発売されるタイトル数の1割程度に相当する。さらに、AAA(トリプルエー)や倖田來未などのコンサート・イベントも開催延期を決定。希望者にはチケットの払い戻しに応じる。

「東日本大震災で物流ルートの確保が難しくなったことに加え、消費者の心情に配慮した」(IR担当者)。発売は4月以降にずれ込むことになるが、具体的な日時は決まっていない。コンサートについては振り替え公演の会場を確保するのに時間がかかるため、数カ月後となりそうだ。

3月23日には安室奈美恵のアルバム発売を控えていたほか、3月9日にはEXILE(エグザイル)のアルバムが発売されたばかり。プロモーションを全面的に停止している状況にあり、業績への影響も懸念される。中期的に見ても、大震災を受けて音楽などのエンタテインメントへの関心は薄れる可能性がある。当社の株価は15日終値が873円となり、前日比で16.54%も急落した。

(前田 佳子 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。