福島に本社置く幸楽苑は100店以上が一時営業中止の被害に【震災関連速報】

福島に本社置く幸楽苑は100店以上が一時営業中止の被害に【震災関連速報】

ラーメン店チェーンを展開する幸楽苑は、東日本巨大地震の影響を受けて100店以上が一時営業中止に追い込まれた。

同社は本社を福島県郡山市に置き、宮城県で33店、福島県51店、茨城県31店を展開している。会社側はまだ被害の全容をつかみきれないとしているが、震災直後に184店が営業を中止、14日時点では100店で営業を止めたことを発表した。

甚大な被害を受けた店舗もあり、復旧には相当の日数がかかりそうだ。高速道路の閉鎖、軽油不足などで食材配送に困難が生じており、青森、岩手など東北各県の店舗の営業にも影響が出ている。福島県の郡山工場で建物・設備の一部に被害が生じたが、これは1~2週間程度で復旧の見通し。その間、グループの小田原工場と京都工場で増産体制を組むとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT