日立製作所は被災6工場のうち、日立市の3工場で電力確保、詳細確認進める【震災関連速報】

日立製作所は被災6工場のうち、日立市の3工場で電力確保、詳細確認進める【震災関連速報】

日立製作所は、被害を受けた6工場のうち茨城県日立市にある3拠点が電力を確保できる状況となり、被害状況の詳しい調査に入った。

被害の詳細確認を進めているのは、日立製作所電力システム社日立事業所、同情報制御システム社大みか工場、日立アプライアンス多賀事業所の3つで、発電用のタービンや制御機器などを生産していた。

また、原発事故については、「政府、電力会社に対して最大限の協力を行っているが、詳細はコメントできる状況にはない」(広報・IR部)としている。同社は、火災が起きた福島第1原発4号機を納入した。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。