アルプス電気の東北拠点は多数工場で操業停止、復旧のメドは立たず【震災関連速報】

アルプス電気の東北拠点は多数工場で操業停止、復旧のメドは立たず【震災関連速報】

自動車用やデジタル家電向けの電子部品メーカーであるアルプス電気は、東日本巨大地震の影響で、東北地方の7拠点で操業停止が続いている。

現在操業を停止しているのは古川工場(宮城県大崎市古川中里)、涌谷工場(同遠田郡涌谷町字渋江)、北原工場(同大崎市古川塚目字北原)、角田工場(同角田市角田字西田)、仙台開発センター(同仙台市泉区明通)、小名浜工場(福島県いわき市小名浜野田字柳町)、平工場(同いわき市好間町小谷作字作畑)だ。建物の倒壊や津波の浸水による設備の損傷などはなく、現在設備の安全点検中だ。

なお、いわき市にある小名浜工場、平工場は福島原発の避難勧告対象の範囲外であることから会社側から工員の自宅待機などの指示は出ていない。また、安否確認については地震発生当時に工場内にいた従業員は全員の無事が確認されている。だが、地震の際に外出中だった工員や夜勤労働者については現在確認を急いでいる。工場復旧のメドはいまだ立っていない。

本社(東京大田区)、および長岡工場(新潟県長岡市)については、今月14日以降、通常どおり稼動している。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。