FDKは乾電池、懐中電灯を被災地へ提供、いわき工場は被害なし【震災関連速報】

FDKは乾電池、懐中電灯を被災地へ提供、いわき工場は被害なし【震災関連速報】

電池やデジタル家電などの電子部品メーカーであるFDKは15日、東日本大震災の被災地支援を目的に、緊急支援物資を提供すると発表した。

経済産業省や電池工業会と連携し、単3乾電池ニッケル水素の単3電池を72万3500個、懐中電灯を1500個寄付する。

FDKは、東日本大震災で大きな被害を受けなかったようだ。

いわき工場(福島県いわき市常磐上湯長谷町)は建物の損傷はない。同拠点は被災前から休止中であったことから設備の損傷もほとんどなく、従業員の無事も確認されている。他拠点も地震による直接の被害はなく、業務に支障はなかった。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT