FDKは乾電池、懐中電灯を被災地へ提供、いわき工場は被害なし【震災関連速報】

FDKは乾電池、懐中電灯を被災地へ提供、いわき工場は被害なし【震災関連速報】

電池やデジタル家電などの電子部品メーカーであるFDKは15日、東日本大震災の被災地支援を目的に、緊急支援物資を提供すると発表した。

経済産業省や電池工業会と連携し、単3乾電池ニッケル水素の単3電池を72万3500個、懐中電灯を1500個寄付する。

FDKは、東日本大震災で大きな被害を受けなかったようだ。

いわき工場(福島県いわき市常磐上湯長谷町)は建物の損傷はない。同拠点は被災前から休止中であったことから設備の損傷もほとんどなく、従業員の無事も確認されている。他拠点も地震による直接の被害はなく、業務に支障はなかった。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。