FDKは乾電池、懐中電灯を被災地へ提供、いわき工場は被害なし【震災関連速報】

FDKは乾電池、懐中電灯を被災地へ提供、いわき工場は被害なし【震災関連速報】

電池やデジタル家電などの電子部品メーカーであるFDKは15日、東日本大震災の被災地支援を目的に、緊急支援物資を提供すると発表した。

経済産業省や電池工業会と連携し、単3乾電池ニッケル水素の単3電池を72万3500個、懐中電灯を1500個寄付する。

FDKは、東日本大震災で大きな被害を受けなかったようだ。

いわき工場(福島県いわき市常磐上湯長谷町)は建物の損傷はない。同拠点は被災前から休止中であったことから設備の損傷もほとんどなく、従業員の無事も確認されている。他拠点も地震による直接の被害はなく、業務に支障はなかった。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。