大建工業は2工場が操業停止、仙台ショールームは当面休館へ【震災関連速報】

大建工業は2工場が操業停止、仙台ショールームは当面休館へ【震災関連速報】

住宅資材大手の大建工業は、東日本大震災の影響により、15日午後1時の時点で住宅資材など製造の2工場が依然、操業を停止していると明らかにした。

操業を停止しているのは、高萩工場(茨城県高萩市)と、会津工場(福島県会津若松市)の2工場。従業員の無事は確認した。操業停止は、余震の恐れや、設備の点検、安全確認の必要性を鑑みた措置で、現時点で再開の具体的な日時は決定していない。2工場では、大建工業が主力とする、木質繊維板の一つ、インシュレーションボードやハードボードを製造している。現時点で、業績への大きな影響は見込んでいない。

なお、営業所と同居する仙台ショールーム(仙台市太白区泉崎)は、余震等の影響を考慮し、当面の間、休館を予定する。臨時休館中の東京ショールーム(千代田区外神田)は、交通状況等を勘案した上で、17日にも営業を再開する見通しだ。

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。