シチズンは福島2拠点が操業停止。ただ製品への影響は限定的か【震災関連速報】

シチズンは福島2拠点が操業停止。ただ製品への影響は限定的か【震災関連速報】

シチズンホールディングスでは東日本大震災を受け、福島県下のグループ2工場に被害が出た。いずれも停電や建物の一部損壊などがあり、15日午前の時点で操業停止の状態だ。

被害が出たのはシチズン東北・相馬事業所(相馬郡新地町、時計用ケースなどを生産)、ミヤノ(西白河郡矢吹町、工作機械部品などを加工)の2拠点。

特に影響が大きいのがミヤノ。本社建物の壁が崩落し、一部天井が崩れ落ちるなどの被害が出ている。地震発生の翌日に社長をトップとした緊急対策本部を発足、現在は建設会社の検査や従業員安否確認の対応に追われている。今4月に合併予定のシチズンマシナリーからも応援人材を受け入れ、インフラが復旧すれば、地震により揺れ動いた装置の動作確認などに乗り出す模様。ミヤノは岩手にも工場を持つが、大きな被害は発生していないようだ。

シチズン東北は、建物に目立った損害がない。ただ、こちらも揺れ動いた設備の精度確認が必要なようだ。また、従業員が地震被害に遭い、工場に集まれないという。

シチズンは主力製品である時計や関連部品を、中国の広州や長野で生産している。地震による被害はある程度業績に影響を与えそうだが、その範囲は一部事業・製品に限られそうだ。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。