シチズンは福島2拠点が操業停止。ただ製品への影響は限定的か【震災関連速報】

印刷
A
A
シチズンは福島2拠点が操業停止。ただ製品への影響は限定的か【震災関連速報】

シチズンホールディングスでは東日本大震災を受け、福島県下のグループ2工場に被害が出た。いずれも停電や建物の一部損壊などがあり、15日午前の時点で操業停止の状態だ。

被害が出たのはシチズン東北・相馬事業所(相馬郡新地町、時計用ケースなどを生産)、ミヤノ(西白河郡矢吹町、工作機械部品などを加工)の2拠点。

特に影響が大きいのがミヤノ。本社建物の壁が崩落し、一部天井が崩れ落ちるなどの被害が出ている。地震発生の翌日に社長をトップとした緊急対策本部を発足、現在は建設会社の検査や従業員安否確認の対応に追われている。今4月に合併予定のシチズンマシナリーからも応援人材を受け入れ、インフラが復旧すれば、地震により揺れ動いた装置の動作確認などに乗り出す模様。ミヤノは岩手にも工場を持つが、大きな被害は発生していないようだ。

シチズン東北は、建物に目立った損害がない。ただ、こちらも揺れ動いた設備の精度確認が必要なようだ。また、従業員が地震被害に遭い、工場に集まれないという。

シチズンは主力製品である時計や関連部品を、中国の広州や長野で生産している。地震による被害はある程度業績に影響を与えそうだが、その範囲は一部事業・製品に限られそうだ。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT