エービーシーマートは店舗の1~2割休業。東北への商品供給不能【震災関連速報】

エービーシーマートは店舗の1~2割休業。東北への商品供給不能【震災関連速報】

靴専門店大手のエービーシーマートは東日本大震災の影響で、全国約580ある店舗のうち1~2割が営業を休止していることを明らかにした。

宮城県ではほとんどの店舗が休業している。また首都圏でも出店先の商業施設の全館休業を受け、店舗自体に支障がなくても休業している店舗もある。東北地方では商品配送が行えない状況も続いており、営業再開のメドは立っていない。また、東京電力の計画停電については、15日から本格的に影響が出ている。停電により各店のPOSレジが稼働できなくなり、在庫管理や発注に弊害が生じることから、停電時は一時休店する対応を取っている。

なお、被災地周辺の店舗では社員全員の安否確認がとれている。地域により避難所待機や自宅待機など対応をとっている。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。