エービーシーマートは店舗の1~2割休業。東北への商品供給不能【震災関連速報】

エービーシーマートは店舗の1~2割休業。東北への商品供給不能【震災関連速報】

靴専門店大手のエービーシーマートは東日本大震災の影響で、全国約580ある店舗のうち1~2割が営業を休止していることを明らかにした。

宮城県ではほとんどの店舗が休業している。また首都圏でも出店先の商業施設の全館休業を受け、店舗自体に支障がなくても休業している店舗もある。東北地方では商品配送が行えない状況も続いており、営業再開のメドは立っていない。また、東京電力の計画停電については、15日から本格的に影響が出ている。停電により各店のPOSレジが稼働できなくなり、在庫管理や発注に弊害が生じることから、停電時は一時休店する対応を取っている。

なお、被災地周辺の店舗では社員全員の安否確認がとれている。地域により避難所待機や自宅待機など対応をとっている。

(鈴木良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT