ナガイレーベンは中核の秋田の物流センターで集荷がストップ、着荷遅れも懸念【震災関連速報】

ナガイレーベンは中核の秋田の物流センターで集荷がストップ、着荷遅れも懸念【震災関連速報】

衛生白衣大手のナガイレーベンは、東日本大震災の影響によって、国内物流拠点の中核である秋田物流センターで集荷がストップしていることを明らかにした。

同社物流センター自体には損傷や人的被害はなく、梱包など出荷業務までは通常通り行われている。ただ、集荷事業者が秋田県内での集荷業務を見合わせていることが響き、取引先への着荷に遅れが生じている。

同社は別事業者や鉄道便での配送等も準備中だが、道路・鉄路状況、運送会社に被害状況等により、大幅な遅れは避けられない見通しだ。
 
 主力の医療機関向けの看護衣や手術衣などは、3月が大きな需要月。目下の受注状況は好調であり、着荷遅れでのキャンセルなどは見込んでいない。ただ集荷見合わせが長引き、割高な配送手段を余儀なくされることがあれば、最高純益を連続更新する今期見通しにも、見直しが必要となるかもしれない。

(風間 直樹 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。