ナガイレーベンは中核の秋田の物流センターで集荷がストップ、着荷遅れも懸念【震災関連速報】

ナガイレーベンは中核の秋田の物流センターで集荷がストップ、着荷遅れも懸念【震災関連速報】

衛生白衣大手のナガイレーベンは、東日本大震災の影響によって、国内物流拠点の中核である秋田物流センターで集荷がストップしていることを明らかにした。

同社物流センター自体には損傷や人的被害はなく、梱包など出荷業務までは通常通り行われている。ただ、集荷事業者が秋田県内での集荷業務を見合わせていることが響き、取引先への着荷に遅れが生じている。

同社は別事業者や鉄道便での配送等も準備中だが、道路・鉄路状況、運送会社に被害状況等により、大幅な遅れは避けられない見通しだ。
 
 主力の医療機関向けの看護衣や手術衣などは、3月が大きな需要月。目下の受注状況は好調であり、着荷遅れでのキャンセルなどは見込んでいない。ただ集荷見合わせが長引き、割高な配送手段を余儀なくされることがあれば、最高純益を連続更新する今期見通しにも、見直しが必要となるかもしれない。

(風間 直樹 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。