ナガイレーベンは中核の秋田の物流センターで集荷がストップ、着荷遅れも懸念【震災関連速報】

ナガイレーベンは中核の秋田の物流センターで集荷がストップ、着荷遅れも懸念【震災関連速報】

衛生白衣大手のナガイレーベンは、東日本大震災の影響によって、国内物流拠点の中核である秋田物流センターで集荷がストップしていることを明らかにした。

同社物流センター自体には損傷や人的被害はなく、梱包など出荷業務までは通常通り行われている。ただ、集荷事業者が秋田県内での集荷業務を見合わせていることが響き、取引先への着荷に遅れが生じている。

同社は別事業者や鉄道便での配送等も準備中だが、道路・鉄路状況、運送会社に被害状況等により、大幅な遅れは避けられない見通しだ。
 
 主力の医療機関向けの看護衣や手術衣などは、3月が大きな需要月。目下の受注状況は好調であり、着荷遅れでのキャンセルなどは見込んでいない。ただ集荷見合わせが長引き、割高な配送手段を余儀なくされることがあれば、最高純益を連続更新する今期見通しにも、見直しが必要となるかもしれない。

(風間 直樹 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。