大平洋金属は冠水・停電で操業停止続く、ステンレス原料主要メーカー【震災関連速報】

大平洋金属は冠水・停電で操業停止続く、ステンレス原料主要メーカー【震災関連速報】

フェロニッケル国内首位の大平洋金属は、11日に発生した東日本大震災の影響で八戸本社・製造所(青森県八戸市河原木)で、操業を停止しており、再開時期も未定だ。

同製造所は地震直後に同市を襲った津波で冠水。停電も続いていることで、復旧の見通しが立っていない。また、固定電話やパソコンなど通信機能も途絶え、携帯電話で東京の本店と連絡を取り合う状況だ。ただ、かつて津波の被害を経験していたことから、危機対策が進んでおり、高めにつくった設備では冠水を招いたものの、4階建ての施設最上階などへの避難が速やかにおこなうことができ、人的被害は出ていない。

八戸製造所は大平洋金属唯一の製造拠点。ステンレス原料であるフェロニッケルを年間4万トン生産しており、住友金属鉱山を上回り国内最大の規模。現在は、津波で流れ込んだ泥の除去や清掃、設備の損傷状況を確認している段階。早期の操業再開を目指しているが、再開時期は未定だ。

(山内 哲夫 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT