セイコーホールディングスは主力の盛岡工場が生産停止。インフラ復旧遅れれば、業績に影響も【震災関連速報】

セイコーホールディングスは主力の盛岡工場が生産停止。インフラ復旧遅れれば、業績に影響も【震災関連速報】

セイコーホールディングスでは東日本大震災を受け、関東・東北の7拠点に被害があった。各拠点とも建物に大きな損傷はなく、けが人なども出ていない。ただ、停電などにより15日午前の時点で操業停止の状態だ。

被害があったのはセイコーインスツル仙台事業所(宮城県仙台市、電池や磁石を生産)、セイコーインスツル秋田事業所(秋田県大仙市、液晶パネルを生産)、盛岡セイコー工業(岩手県岩手郡雫石町、時計を生産)、遠野精器(同遠野市、時計部品を生産)、二戸時計工業(同二戸市、時計部品を生産)、セイコーインスツル栃木事業所(栃木県栃木市、水晶関連を生産)、セイコーNPC塩原テクノロジーセンター(同那須塩原市、半導体を生産)の7拠点。

このうち、盛岡セイコー工業はセイコーHDの主力拠点。地震による被害は軽微でも、電気などのインフラ復旧が遅れれば、業績に影響を与える可能性がある。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。