セイコーホールディングスは主力の盛岡工場が生産停止。インフラ復旧遅れれば、業績に影響も【震災関連速報】

セイコーホールディングスは主力の盛岡工場が生産停止。インフラ復旧遅れれば、業績に影響も【震災関連速報】

セイコーホールディングスでは東日本大震災を受け、関東・東北の7拠点に被害があった。各拠点とも建物に大きな損傷はなく、けが人なども出ていない。ただ、停電などにより15日午前の時点で操業停止の状態だ。

被害があったのはセイコーインスツル仙台事業所(宮城県仙台市、電池や磁石を生産)、セイコーインスツル秋田事業所(秋田県大仙市、液晶パネルを生産)、盛岡セイコー工業(岩手県岩手郡雫石町、時計を生産)、遠野精器(同遠野市、時計部品を生産)、二戸時計工業(同二戸市、時計部品を生産)、セイコーインスツル栃木事業所(栃木県栃木市、水晶関連を生産)、セイコーNPC塩原テクノロジーセンター(同那須塩原市、半導体を生産)の7拠点。

このうち、盛岡セイコー工業はセイコーHDの主力拠点。地震による被害は軽微でも、電気などのインフラ復旧が遅れれば、業績に影響を与える可能性がある。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。