セイコーホールディングスは主力の盛岡工場が生産停止。インフラ復旧遅れれば、業績に影響も【震災関連速報】

セイコーホールディングスは主力の盛岡工場が生産停止。インフラ復旧遅れれば、業績に影響も【震災関連速報】

セイコーホールディングスでは東日本大震災を受け、関東・東北の7拠点に被害があった。各拠点とも建物に大きな損傷はなく、けが人なども出ていない。ただ、停電などにより15日午前の時点で操業停止の状態だ。

被害があったのはセイコーインスツル仙台事業所(宮城県仙台市、電池や磁石を生産)、セイコーインスツル秋田事業所(秋田県大仙市、液晶パネルを生産)、盛岡セイコー工業(岩手県岩手郡雫石町、時計を生産)、遠野精器(同遠野市、時計部品を生産)、二戸時計工業(同二戸市、時計部品を生産)、セイコーインスツル栃木事業所(栃木県栃木市、水晶関連を生産)、セイコーNPC塩原テクノロジーセンター(同那須塩原市、半導体を生産)の7拠点。

このうち、盛岡セイコー工業はセイコーHDの主力拠点。地震による被害は軽微でも、電気などのインフラ復旧が遅れれば、業績に影響を与える可能性がある。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。