オートウェーブは茨城県ひたちなか市の店舗が被災、全12店舗中10店舗が正常営業【震災関連速報】

オートウェーブは茨城県ひたちなか市の店舗が被災、全12店舗中10店舗が正常営業【震災関連速報】

千葉県地盤のカー用品店、オートウェーブは、東日本大震災で茨城県ひたちなか市のニューポート店が被災した。その他、千葉県内の複数店舗でも排煙用の窓ガラスが割れたり、商品が棚から落下した。従業員に死傷者はなかった。現在は全12店舗中10店舗が通常営業している。

被災したニューポート店は電気、水道が止まっており再開のメドは立っていない。またオートウェーブトーキョーベイシェラトン店(千葉県浦安市)も、入店先のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルの休業にあわせ3月21日まで休店する。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。