フコクは3工場で一部被災もすでに正常操業へ、サプライヤーの被災も限定的か【震災関連速報】

フコクは3工場で一部被災もすでに正常操業へ、サプライヤーの被災も限定的か【震災関連速報】

国内のワイパーゴムラバーのシェア100%を握るフコクは14日、上尾工場(埼玉県上尾市)、群馬工場(群馬県邑楽町)、群馬第2工場(群馬県千代田町)が東日本大震災で被災したものの影響は軽微だったことを明らかにした。
 
 工場内で一部、蒸気漏れや天井パネルが落下したが、週末に点検を完了。従業員や生産設備に大きな損害はないことを確認し、14日も通常操業を実施した。部品調達先のサプライヤーの被災状況もおおむね確認を終えており、ほぼ正常操業が可能な状態にある。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。