フコクは3工場で一部被災もすでに正常操業へ、サプライヤーの被災も限定的か【震災関連速報】

フコクは3工場で一部被災もすでに正常操業へ、サプライヤーの被災も限定的か【震災関連速報】

国内のワイパーゴムラバーのシェア100%を握るフコクは14日、上尾工場(埼玉県上尾市)、群馬工場(群馬県邑楽町)、群馬第2工場(群馬県千代田町)が東日本大震災で被災したものの影響は軽微だったことを明らかにした。
 
 工場内で一部、蒸気漏れや天井パネルが落下したが、週末に点検を完了。従業員や生産設備に大きな損害はないことを確認し、14日も通常操業を実施した。部品調達先のサプライヤーの被災状況もおおむね確認を終えており、ほぼ正常操業が可能な状態にある。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT