フコクは3工場で一部被災もすでに正常操業へ、サプライヤーの被災も限定的か【震災関連速報】

フコクは3工場で一部被災もすでに正常操業へ、サプライヤーの被災も限定的か【震災関連速報】

国内のワイパーゴムラバーのシェア100%を握るフコクは14日、上尾工場(埼玉県上尾市)、群馬工場(群馬県邑楽町)、群馬第2工場(群馬県千代田町)が東日本大震災で被災したものの影響は軽微だったことを明らかにした。
 
 工場内で一部、蒸気漏れや天井パネルが落下したが、週末に点検を完了。従業員や生産設備に大きな損害はないことを確認し、14日も通常操業を実施した。部品調達先のサプライヤーの被災状況もおおむね確認を終えており、ほぼ正常操業が可能な状態にある。

(松浦 大 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT