明治ホールディングスは製菓の北上工場、乳業の東北工場と茨城工場が稼働停止【震災関連速報】

明治ホールディングスは製菓の北上工場、乳業の東北工場と茨城工場が稼働停止【震災関連速報】

明治ホールディングスは11日に発生した東日本大震災の影響で、東北・北関東のグループ3工場で操業停止状態が続いているもようだ。

会社側は大震災を踏まえた操業状態について、14日時点で正式に発表していないものの、東洋経済の独自取材によれば、大震災直後から操業停止が続いているのは、明治製菓が医薬品を製造する北上工場(岩手県北上市)のほか、明治乳業の東北工場(宮城県黒川郡)と茨城工場(茨城県小美玉市)。3工場とも現在は稼働しておらず、被害の詳細についてはまだ調査段階。ただ、全従業員の安全は確認済みだ。

今後、明治HDは工場被害の詳細を詰めていくと同時に、明治製菓はお菓子とマスク、明治乳業は粉ミルクと流動食を被災地に輸送する予定だ。

あす15日以降に会社側から公式の現状報告が出される可能性が高い。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT