雪印メグミルクは千葉、茨城、宮城の市乳3工場が生産再開メド立たず【震災関連速報】

雪印メグミルクは千葉、茨城、宮城の市乳3工場が生産再開メド立たず【震災関連速報】

雪印メグミルクは11日に起きた東日本大震災の影響で、野田工場(千葉市野田市)、茨城工場(茨城県阿見町)、みちのくミルク(株)本社工場(宮城県大崎市)の市乳3工場が操業停止に追い込まれた。

14日時点で、3工場のいずれも再開のメドは立っておらず、生産設備に問題が生じている可能性が高いが詳細は明らかになっていない。特に震源地に近い宮城県のみちのくミルク(株)本社工場は停電が続いており、復旧にかなり時間がかかる見通しだ。

また、被災地域を中心とする東北地区の物流と北海道からの輸送経路の一部に混乱が生じており、在庫を持たない包材等の原材料供給が困難になっている。関連会社の従業員の安否についても数十人がまだ確認がとれておらず、引き続き安否の確認に全力をつくしている。

なお、具体的な数量についてはまだ調整段階だが、雪印メグミルクは農林水産省の要請を受け、日本乳業協会を含めた連携のもと、被災地に育児用粉ミルクとベビーフードの支援を行う用意ができている。

(張 子渓 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT