KDDIはケーブル切断で東北・北海道と他地域の間の通信が一時不能に。復旧後も通信障害続く【震災関連速報】

KDDIはケーブル切断で東北・北海道と他地域の間の通信が一時不能に。復旧後も通信障害続く【震災関連速報】

総合通信大手のKDDIは、11日の東日本大震災の影響で一時通信ケーブルが切断され、東北・北海道とそれ以外の地域の間で通信が不能の状態に陥った。13日昼過ぎに復旧したが、東北を中心に、停電や設備の破損による通信障害が続いている。

14日午前時点で、機能していない携帯電話基地局は東北中心に約1880局。基地局などの設備が町ごと流されてしまった地域もあり、復旧のメドは立っていない。避難所となている宮城県岩沼市の岩沼小学校に移動基地局車1台を派遣したほか、現在さらに数十台を被災地域に向かわせている。

通信規制も継続している。地震直後の最大95%という極度の規制状態は緩和されつつあるが、現在も東北で25%(発信規制)~30%(着信規制)の、関東でも5%(発信)~10%(着信)の規制が敷かれている。これは携帯電話の通話についてのみで、メールなどのパケット通信や固定電話については、規制は行われていない。

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。