TDKの岩手、茨城の2工場は一部損傷。人的被害はないが現在は操業停止【震災関連速報】

TDKの岩手、茨城の2工場は一部損傷。人的被害はないが現在は操業停止【震災関連速報】

コンデンサーや磁気ヘッドなどの世界首位級メーカー、TDKは11日に発生した東日本大震災の影響を受けて、東北・北関東の2工場で操業停止が続いている。

有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の製造を行う茨城工場(茨城県北茨城市)は地震の影響により、生産設備が一部破損。現在操業を停止している。また、コンデンサーの生産を行う北上工場(岩手県北上市)は建物の一部が損傷。現在操業を停止している。会社側は操業再開のメドについては明らかにしていない。
 
 両拠点ともに人的被害はないようだ。現在、会社側は、危機管理マニュアルに基づき、「危機対策本部」を設置、情報の収集、対策を進めている。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT