TDKの岩手、茨城の2工場は一部損傷。人的被害はないが現在は操業停止【震災関連速報】

TDKの岩手、茨城の2工場は一部損傷。人的被害はないが現在は操業停止【震災関連速報】

コンデンサーや磁気ヘッドなどの世界首位級メーカー、TDKは11日に発生した東日本大震災の影響を受けて、東北・北関東の2工場で操業停止が続いている。

有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の製造を行う茨城工場(茨城県北茨城市)は地震の影響により、生産設備が一部破損。現在操業を停止している。また、コンデンサーの生産を行う北上工場(岩手県北上市)は建物の一部が損傷。現在操業を停止している。会社側は操業再開のメドについては明らかにしていない。
 
 両拠点ともに人的被害はないようだ。現在、会社側は、危機管理マニュアルに基づき、「危機対策本部」を設置、情報の収集、対策を進めている。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。