オリンパスは主力製品の3拠点が操業停止。ただ、建物損傷などの被害は小さい【震災関連速報】

オリンパスは主力製品の3拠点が操業停止。ただ、建物損傷などの被害は小さい【震災関連速報】

オリンパスの東日本大震災による影響は、関東以東の3拠点に及んだ。それぞれ、停電や建物の一部損壊などが発生しており、操業停止の状態だ

操業停止中の拠点は以下の通り。

青森オリンパス(青森県黒石市追子野木):医療用処置具の生産
 会津オリンパス(福島県会津若松市門田町):医療用、工業用内視鏡の生産
 白河オリンパス(福島県西白河郡西郷村):光源装置、画像処理装置など生産

3拠点ともに、同社の主力製品である医療用関連の機器を手がけているため、操業停止状態が長引けば業績への影響が懸念される。ただ、建物は壊滅的な状態ではない。軽傷者はいるが、重傷の従業員はいない模様。電気などのインフラ関連や、部品調達先の工場が復旧すれば、オリンパスの拠点も順次再開する可能性が高い。

(梅咲 恵司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT