エルピーダメモリは停電で秋田工場が停止、事業への影響は軽微と会社コメント【震災関連速報】

エルピーダメモリは停電で秋田工場が停止、事業への影響は軽微と会社コメント【震災関連速報】

エルピーダメモリは14日、秋田県秋田市にある半導体工場「秋田エルピーダメモリ」が停電で操業停止と発表した。ただし、電力が回復しだい通常の稼働を回復できる見込みだという。

秋田エルピーダメモリは、半導体の後工程拠点。半導体のチップをパッケージに組み込んだり、検査したりする工程を担う。

ウエハに回路を形成する前工程の広島工場は、通常どおり操業。今回の巨大地震で、スクラップされたウエハはなく、「事業へのインパクトは軽微」としている。

(長谷川 高宏 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。