ジャパンケアは仙台市内の拠点に本社スタッフを派遣、宮城など3県43介護拠点の被害状況の把握に全力【震災関連速報】

ジャパンケアは仙台市内の拠点に本社スタッフを派遣、宮城など3県43介護拠点の被害状況の把握に全力【震災関連速報】

介護サービス大手ジャパンケアサービスグループは、3月13日から宮城県仙台市にある東北本部に6人の本社スタッフを派遣。被災状況などについて確認作業に当たっている。

3月17日には10数人の第二陣スタッフが到着する予定。東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県には43の介護拠点がある。利用者や職員の安否確認のほか、設備の被災状況などについて調べている。同社によれば、北海道や首都圏では利用者、従業員とも大きな被害はなかった。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。