DOWAホールディングスは秋田県内の5事業所で操業停止【震災関連速報】

DOWAホールディングスは秋田県内の5事業所で操業停止【震災関連速報】

非鉄金属大手のDOWAホールディングスは東日本大震災の影響で、秋田県内の5事業所で操業を停止している。設備に深刻な被害は確認されていないが、停電の影響のほか、被害状況の点検作業を続けているためだ。

操業を停止しているのは、事業子会社であるDOWAエコシステム傘下のエコシステム秋田(秋田県大館市花岡町)、エコリサイクル(秋田県大館市花岡町)、DOWAメタルマイン傘下の秋田製錬(秋田県秋田市飯島)、小坂製錬(秋田県鹿角郡小坂町)、DOWAエレクトロニクス傘下のDOWAセミコンダクター秋田(秋田県秋田市飯島)。

いずれも設備に深刻な被害は認められておらず、人的な被害は出ていない。DOWAセミコンダクター秋田と秋田製錬は臨海工場であるが、日本海側であり津波の影響はなかった。ただ物流面での影響等の懸念もあり、「再稼働のメドはまだ立っていない」(同社広報部)という。

(許斐 健太 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。