セントケアHLDは宮城県内の介護拠点に大きな被害、職員および利用者の安否確認を継続【震災関連速報】

セントケアHLDは宮城県内の介護拠点に大きな被害、職員および利用者の安否確認を継続【震災関連速報】

介護サービス大手・セントケア・ホールディングによれば、東日本大震災を受けて同社が宮城県内に有する41介護サービス拠点のうち、1カ所が流出全壊、4カ所が使用不能となっている。

流出全壊したのは、子会社セントケア宮城のしづがわ(宮城県南三陸町、介護・障害福祉サービス拠点)。使用不能は別の子会社セントケア東北の若林デイサービスセンター(仙台市若林区、デイサービス)およびホーム北根黒松(仙台市青葉区、グループホーム)、セントケア宮城の泉中央(介護、居宅事業所)およびけせんぬま(宮城県気仙沼市、介護拠点)の計4カ所。うち、ホーム北根黒松の利用者は近隣のデイサービス(通所介護)拠点に移動しているという。

セントケア・ホールディングによれば、被災地の介護職員667人のうち、安否の確認が取れたのは約450人にとどまっており、残る200数十人の安否確認を継続している。また、約3000人の利用者のうち、安否確認が取れたのは数%にとどまるという。

同社では救援物資を持った支援目的の職員の第一陣が被災地に入ったほか、第二陣も現地に向かっている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT