セントケアHLDは宮城県内の介護拠点に大きな被害、職員および利用者の安否確認を継続【震災関連速報】

セントケアHLDは宮城県内の介護拠点に大きな被害、職員および利用者の安否確認を継続【震災関連速報】

介護サービス大手・セントケア・ホールディングによれば、東日本大震災を受けて同社が宮城県内に有する41介護サービス拠点のうち、1カ所が流出全壊、4カ所が使用不能となっている。

流出全壊したのは、子会社セントケア宮城のしづがわ(宮城県南三陸町、介護・障害福祉サービス拠点)。使用不能は別の子会社セントケア東北の若林デイサービスセンター(仙台市若林区、デイサービス)およびホーム北根黒松(仙台市青葉区、グループホーム)、セントケア宮城の泉中央(介護、居宅事業所)およびけせんぬま(宮城県気仙沼市、介護拠点)の計4カ所。うち、ホーム北根黒松の利用者は近隣のデイサービス(通所介護)拠点に移動しているという。

セントケア・ホールディングによれば、被災地の介護職員667人のうち、安否の確認が取れたのは約450人にとどまっており、残る200数十人の安否確認を継続している。また、約3000人の利用者のうち、安否確認が取れたのは数%にとどまるという。

同社では救援物資を持った支援目的の職員の第一陣が被災地に入ったほか、第二陣も現地に向かっている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT