日立電線は主力工場がすべて操業停止、日立と仙台の工場は再開見通し立たず【震災関連速報】

日立電線は主力工場がすべて操業停止、日立と仙台の工場は再開見通し立たず【震災関連速報】

電線大手の日立電線は、工場が茨城県日立市をはじめとして東日本に集中しているため、主力工場の操業がすべてストップしている状態だ。

海底ケーブルを製造する日立市のみなと工場とゴム製品を製造する仙台市の東北ゴムは津波で冠水、余震が続いているため、設備、機械の損傷がどの程度かも判明していない。この2工場は生産再開の見通しが立っていない。

日立市の電線工場、日高工場、高砂工場、豊浦工場は、建屋、設備、機械を点検中。計画停電区域外のようなので、物流も含めライフラインが復旧すれば生産を再開する可能性がある。

高機能材料を製造する土浦工場は設備、機械の損傷が軽微で生産再開に一番近い位置にいるが、あいにく計画停電の区域内。計画停電の詳細が明らかになるまで操業を見合わせるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。