「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトは全店6割の230店が営業見合わせ、うち40店は再開メド立たず【震災関連速報】

「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトは全店6割の230店が営業見合わせ、うち40店は再開メド立たず【震災関連速報】

回転すし業態「かっぱ寿司」380店を展開するカッパ・クリエイトは、東日本巨大地震の影響を受け、東北・関東甲信越地方と静岡県の一部で全店の6割に当たる230店で営業を見合わせている。東京・千葉・神奈川など首都圏は、営業時間の短縮で対応している。

営業停止している230店のうち、80店が東北地方、150店舗が関東甲信越地方に当たる。東北地方の中でも、日本海側の岩手、宮城、福島の約40店舗は建物の損壊が激しく営業再開のメドが立っていない。太平洋側の山形、秋田、青森の約40店舗は「建物の損壊は軽微で店の従業員も元気なため、今週中には営業再開が出来る見通し」(財務担当執行役員の中井鉄太郎氏)という。

関東甲信越地方で営業停止中の150店については、食材輸送網が回復し次第、16~17日には営業再開する方針だ。今後、首都圏含めた関東圏で実施が予定されている計画停電についても、「3時間であれば方法によって食材の鮮度は保てる」(中井氏)とのことで、受ける被害は限定的と見られる。

なお、かっぱ寿司の店舗従業員6人(釜石店、気仙沼店、大船渡店各2名)の安否確認が取れていない。同社は自社のホームページを通じて情報提供を呼び掛けている。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT