ツクイは被災当日の利用者および職員全員の無事を確認。当日利用していなかった高齢者などの安否確認継続【震災関連速報】

ツクイは被災当日の利用者および職員全員の無事を確認。当日利用していなかった高齢者などの安否確認継続【震災関連速報】

介護サービス大手、ツクイは、東北地方太平洋沖地震の被災地に立地する介護拠点で、震災当日の利用者および当日出勤の職員全員が無事だったことを明らかにした。

現在、青森、岩手、宮城、福島、茨城の5県で30カ所強のデイサービス(通所介護)、有料老人ホームなどの介護サービス拠点を運営している。福島県郡山市内の有料老人ホームおよび東北地方のデイサービス拠点3カ所で設備の損傷がひどくサービス継続が難しい状況となっている一方、ほかの拠点は大きな被害を免れた。現在、当日利用していなかった高齢者や出勤していなかった職員の安否確認を継続している。

デイサービスの利用者で認知症が重く早期の対応が必要な高齢者については、同じ県内の認知症対応型グループホームに一時的に入居してもらうなどの対応を講じている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT