ツクイは被災当日の利用者および職員全員の無事を確認。当日利用していなかった高齢者などの安否確認継続【震災関連速報】

ツクイは被災当日の利用者および職員全員の無事を確認。当日利用していなかった高齢者などの安否確認継続【震災関連速報】

介護サービス大手、ツクイは、東北地方太平洋沖地震の被災地に立地する介護拠点で、震災当日の利用者および当日出勤の職員全員が無事だったことを明らかにした。

現在、青森、岩手、宮城、福島、茨城の5県で30カ所強のデイサービス(通所介護)、有料老人ホームなどの介護サービス拠点を運営している。福島県郡山市内の有料老人ホームおよび東北地方のデイサービス拠点3カ所で設備の損傷がひどくサービス継続が難しい状況となっている一方、ほかの拠点は大きな被害を免れた。現在、当日利用していなかった高齢者や出勤していなかった職員の安否確認を継続している。

デイサービスの利用者で認知症が重く早期の対応が必要な高齢者については、同じ県内の認知症対応型グループホームに一時的に入居してもらうなどの対応を講じている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT