ツクイは被災当日の利用者および職員全員の無事を確認。当日利用していなかった高齢者などの安否確認継続【震災関連速報】

ツクイは被災当日の利用者および職員全員の無事を確認。当日利用していなかった高齢者などの安否確認継続【震災関連速報】

介護サービス大手、ツクイは、東北地方太平洋沖地震の被災地に立地する介護拠点で、震災当日の利用者および当日出勤の職員全員が無事だったことを明らかにした。

現在、青森、岩手、宮城、福島、茨城の5県で30カ所強のデイサービス(通所介護)、有料老人ホームなどの介護サービス拠点を運営している。福島県郡山市内の有料老人ホームおよび東北地方のデイサービス拠点3カ所で設備の損傷がひどくサービス継続が難しい状況となっている一方、ほかの拠点は大きな被害を免れた。現在、当日利用していなかった高齢者や出勤していなかった職員の安否確認を継続している。

デイサービスの利用者で認知症が重く早期の対応が必要な高齢者については、同じ県内の認知症対応型グループホームに一時的に入居してもらうなどの対応を講じている。

(岡田 広行 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。