パルタックは仙台、埼玉物流センターが津波被害で稼働停止、復旧メド立たず【震災関連速報】

パルタックは仙台、埼玉物流センターが津波被害で稼働停止、復旧メド立たず【震災関連速報】

日用品卸大手、パルタックは14日、東日本巨大地震で受けた被害を発表した。仙台と埼玉の物流センターは建屋、設備共に損害を受け、稼働を停止。商品の出荷がまったくできない状況だ。
 
 もっとも被害が大きいのは、東北の物流センター「RDC仙台」(宮城県岩沼市)。岩沼市は仙台空港に隣接。津波による浸水被害が大きく、電話やインターネットなどインフラが途絶えている。現地と連絡が取れないため、従業員の被災状況など確認をとることすら難しい状況だ。復旧のメドはまったく立っていない。

また、埼玉県加須市の「加須物流センター」も地震によって設備が停止。同じく復旧の予定は立っていない。上記2つの物流センターの停止によって、商品の流通は困難になる見通しだ。
 
 なお、11日には本社に対策本部を設置。折目光司社長を本部長として、商品供給の対応や被害状況の把握を図っている。

(島田 知穂 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT