パルタックは仙台、埼玉物流センターが津波被害で稼働停止、復旧メド立たず【震災関連速報】

パルタックは仙台、埼玉物流センターが津波被害で稼働停止、復旧メド立たず【震災関連速報】

日用品卸大手、パルタックは14日、東日本巨大地震で受けた被害を発表した。仙台と埼玉の物流センターは建屋、設備共に損害を受け、稼働を停止。商品の出荷がまったくできない状況だ。
 
 もっとも被害が大きいのは、東北の物流センター「RDC仙台」(宮城県岩沼市)。岩沼市は仙台空港に隣接。津波による浸水被害が大きく、電話やインターネットなどインフラが途絶えている。現地と連絡が取れないため、従業員の被災状況など確認をとることすら難しい状況だ。復旧のメドはまったく立っていない。

また、埼玉県加須市の「加須物流センター」も地震によって設備が停止。同じく復旧の予定は立っていない。上記2つの物流センターの停止によって、商品の流通は困難になる見通しだ。
 
 なお、11日には本社に対策本部を設置。折目光司社長を本部長として、商品供給の対応や被害状況の把握を図っている。

(島田 知穂 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT