パルタックは仙台、埼玉物流センターが津波被害で稼働停止、復旧メド立たず【震災関連速報】

パルタックは仙台、埼玉物流センターが津波被害で稼働停止、復旧メド立たず【震災関連速報】

日用品卸大手、パルタックは14日、東日本巨大地震で受けた被害を発表した。仙台と埼玉の物流センターは建屋、設備共に損害を受け、稼働を停止。商品の出荷がまったくできない状況だ。
 
 もっとも被害が大きいのは、東北の物流センター「RDC仙台」(宮城県岩沼市)。岩沼市は仙台空港に隣接。津波による浸水被害が大きく、電話やインターネットなどインフラが途絶えている。現地と連絡が取れないため、従業員の被災状況など確認をとることすら難しい状況だ。復旧のメドはまったく立っていない。

また、埼玉県加須市の「加須物流センター」も地震によって設備が停止。同じく復旧の予定は立っていない。上記2つの物流センターの停止によって、商品の流通は困難になる見通しだ。
 
 なお、11日には本社に対策本部を設置。折目光司社長を本部長として、商品供給の対応や被害状況の把握を図っている。

(島田 知穂 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。