三井化学の市原コンビナートは石化原料の生産を異常なく継続、コスモ石油の火災は影響なし【震災関連速報】

三井化学の市原コンビナートは石化原料の生産を異常なく継続、コスモ石油の火災は影響なし【震災関連速報】

三井化学は14日、石油化学コンビナートの主軸となる市原工場(千葉県市原市千種海岸)において、石化製品の基礎原料の生産を、東日本巨大地震の以前と変わりなく継続していることを明らかにした。

同じ市原市の海岸沿いにあるコスモ石油千葉製油所のガスタンクでは火災が発生。14日朝の時点で鎮火には至っていないものの、これとは立地が離れているため、三井化学のコンビナートに影響は出ていないという。

三井化学の市原工場は、ナフサ(粗製ガソリン)を原料に石化製品の基礎原料となるエチレンやプロピレン、B−B留分などを生産している。これらの基礎原料が、コンビナート内の化成品メーカーに渡り、合成樹脂や合成ゴム、合成繊維原料、界面活性剤などの石油化学誘導品となる。

ただ、同コンビナートに属する三井化学のグループ企業の千葉フェノールと三井・デュポン ポリケミカルの工場は震災の影響で、操業を一時停止しているもようだ。現時点で2工場の再開に向けた詳しい情報は入っていない。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT