日本郵船は対策本部を設置。義援金5000万円寄付を決定。グループ社員への募金も開始。陸・海・空の支援策も検討【震災関連速報】

日本郵船は対策本部を設置。義援金5000万円寄付を決定。グループ社員への募金も開始。陸・海・空の支援策も検討【震災関連速報】

日本郵船は14日、工藤泰三(やすみ)社長を本部長とする「東北関東大震災 対策本部」を立ち上げ、義援金5000万円の寄付をただちに決定したほか、グループ社員からの義援金募集を開始した。義援金の給付先や給付方法は今後詰める。

このほか、海上輸送のみならず陸送や空輸を含めた「被災地への支援策を関係当局と打ち合わせのうえ、検討していく」としている。航空貨物大手、NCA(日本貨物航空)を傘下に擁するなど総合物流の強みを被災地支援でも活かす。

海運大手では、商船三井が12日に武藤光一社長を本部長とする「東北地方太平洋沖地震対策・支援本部」を設置。翌13日に、5000万円の義援金拠出や商船三井グループ内の役職員を対象に募金活動を開始している。商船三井では政府の要請を受けて、100%子会社、商船三井フェリーが、自社のフェリー4隻を用いて、自衛隊の緊急車両や自衛隊員の輸送を13日夜から開始している。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT