三井金属鉱業の八戸製錬工場、上尾工場が操業停止【震災関連速報】

三井金属鉱業の八戸製錬工場、上尾工場が操業停止【震災関連速報】

非鉄金属大手の三井金属鉱業は東日本巨大地震の影響で、連結子会社の八戸製錬(青森県八戸市大字河原木)の工場が冠水する被害を受けた。

八戸製錬は亜鉛や鉛の製錬や、硫酸・石膏の製造などを手掛けている。三井金属によると、地震発生直後の津波で八戸製錬工場が冠水。停電も継続しており、工場は操業停止状態が続いている。当日勤務していた従業員の人的被害はなかったという。正確な被害状況は現在確認中だ。

また、埼玉県上尾市にある伸銅品や銅箔の生産設備も停電の影響で操業が停止している。復興の見通しは立っていない。

「東洋経済オンライン」は業績予想を現状のまま据え置くが、今後、被害の状況や業績への影響が判明次第、順次予想を見直すことにする。

(許斐 健太 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。