日本ケンタッキーはケンタッキーフライドチキン、ピザハット計53店で営業停止、計画停電で増加懸念も【震災関連速報】

日本ケンタッキーはケンタッキーフライドチキン、ピザハット計53店で営業停止、計画停電で増加懸念も【震災関連速報】

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、東日本巨大地震の影響を受け、関連地域の計53店舗で営業を停止している。内訳は「ケンタッキーフライドチキン」42店、「ピザハット」11店。同地域で営業しているピザハット8店に関しては、交通網が遮断されていることから、デリバリーのみの営業となっている。

両業態ともに再開メドは立っていない。現在関東地域の店舗の営業に支障は生じていないが、今後計画停電の影響により、営業停止となる店舗が発生する恐れもある。基本的に営業停止の判断は店舗に委ねるが、「その場合もフルメニューの提供ではなく、限定メニューの提供などで営業を継続して欲しい」(日本ケンタッキー・フライド・チキン広報)と各店へアナウンスしている。

主力食材のブロイラーを生産している岩手県盛岡市玉山区好摩字中塚の工場は、現在被害状況がわかっていない。仮に今後食材供給に支障が生ずれば、主力のケンタッキーフライドチキンで営業停止となる店舗の増加は避けられない。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。