日本ケンタッキーはケンタッキーフライドチキン、ピザハット計53店で営業停止、計画停電で増加懸念も【震災関連速報】

日本ケンタッキーはケンタッキーフライドチキン、ピザハット計53店で営業停止、計画停電で増加懸念も【震災関連速報】

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、東日本巨大地震の影響を受け、関連地域の計53店舗で営業を停止している。内訳は「ケンタッキーフライドチキン」42店、「ピザハット」11店。同地域で営業しているピザハット8店に関しては、交通網が遮断されていることから、デリバリーのみの営業となっている。

両業態ともに再開メドは立っていない。現在関東地域の店舗の営業に支障は生じていないが、今後計画停電の影響により、営業停止となる店舗が発生する恐れもある。基本的に営業停止の判断は店舗に委ねるが、「その場合もフルメニューの提供ではなく、限定メニューの提供などで営業を継続して欲しい」(日本ケンタッキー・フライド・チキン広報)と各店へアナウンスしている。

主力食材のブロイラーを生産している岩手県盛岡市玉山区好摩字中塚の工場は、現在被害状況がわかっていない。仮に今後食材供給に支障が生ずれば、主力のケンタッキーフライドチキンで営業停止となる店舗の増加は避けられない。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。