有料会員限定

FRBは景気を犠牲にしてでも物価安定を優先する 金融市場は米国の景気後退を強く意識し始めた

✎ 1〜 ✎ 229 ✎ 230 ✎ 231 ✎ 最新
印刷
A
A
6月22日、米国議会で証言するFRBのパウエル議長(写真:Ting Shen/Bloomberg)

FRB(米連邦準備制度理事会)は、6月14~15日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、1994年11月以来約27年半ぶりとなる、0.75%の大幅な政策金利の引き上げを決めた。政策金利であるFF(フェデラルファンド)金利の誘導目標は、これで1.5~1.75%となった。

FOMC参加者によるFF金利の予想中央値は、2022年末が前回3月時点の1.9%から3.4%へ、23年末時点は2.8%から3.8%へと大幅に引き上げられた。ただし、24年末の見通しは3.4%であり、23年から24年にかけて利下げに転じる見通しが示されている。

FF金利先物市場は、23年4月ごろにFF金利が3.5%程度まで引き上げられた後に頭打ちとなり、23年後半には引き下げられることを明確に織り込んでいる。

次ページ景気後退を引き起こす可能性は
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内