有料会員限定

米景気減速の程度と期間が市場にとっての焦点に 景気指標の悪化が始まり、関心は次の段階へ

✎ 1〜 ✎ 228 ✎ 229 ✎ 230 ✎ 最新
印刷
A
A
(写真:2022 Bloomberg Finance LP)

世界的にリセッション(景気後退)をめぐる議論が活発になってきた。米国のメディアでは“R”ワードなどといって、市場変動の中心にリセッションをめぐる思惑があることを書き立てている。

ただ、そもそもこの「リセッション」という用語に厳密な定義はなく、その意味するところは、「マイナス成長」「潜在成長を下回る成長」、あるいはもっとざっくりと「景気減速」といった具合に、かなりいいかげんな使い方がされる用語ではある。

一応、米国ではNBER(全米経済研究所)が景気後退局面を公式に認定しており、日本でも内閣府が認定している。だが、一般に使われている“R”ワードは、使っている人それぞれの感覚に基づくものである。

次ページ市場は次のステージに
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内