有料会員限定

参院選で「財政健全化」が全く議論されない異常さ 成長による税収の増加も財政健全化の一部

印刷
A
A
(写真:Akio Kon/Bloomberg)

参議院議員選挙の季節に入った。4月のフランス大統領選挙から11月の米国中間選挙まで、選挙になると世界中で財政支出が過度に行われがちであり、日本も例外ではない。

参院選で注目される経済対策の1つは、にわかに国民の生活周辺を脅かし出した物価高と円安の影響を緩和することである。国民に届きやすいドラスティックな政策をどう打ち出すか、各党は躍起だ。

抜本的に所得や賃金を上昇させるには時間がかかりすぎるためか、各政党はエネルギー補助金、食料品の値上げ抑制、さらには低所得者層への給付金拡張、一律10万円の支給、消費税廃止などを発表している。

次ページ財政健全化後退の取り組みに疑念
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内