武富士への過払利息返還請求は90万人に達する可能性も、スポンサー候補の絞り込みは遅れる


 小畑弁護士は、自身が破産管財人を務めた旧ロプロの破たん処理の際にも、同様の対応を行ったものの、その際には国は請求を棄却。金額が小さかったため、小畑弁護士もそれ以上の法的争いは行わなかった。しかし、武富士の場合には、請求総定額は相当額に及ぶ。したがって、仮に国が請求を棄却しても、法的に争うことになる可能性を小畑弁護士は示唆した。訴訟を提起した際の印紙税費用は、公正手続き上の共益債権のなかに準備しているとしている。

武富士の再生問題は、無効となった利息収入の税支払いの是非、という予想外の展開をみせる可能性が出てきたといえるだろう。

(浪川 攻 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?