全貌 ウィキリークス ローゼンバッハ、シュタルク著/赤坂桃子ほか訳

全貌 ウィキリークス ローゼンバッハ、シュタルク著/赤坂桃子ほか訳

門外不出のはずのアフガニスタン戦争記録7・7万件、イラク戦争日誌40万件、外交公電25万件など、各国政府のトップシークレットが次々と暴露された。イラク民間人爆撃映像「コラテラル・マーダー」のサイトアップを契機に、世界の注目の的に。その創設者はどのような人物で、その意図とは。

ウィキリークスが行った暴露は、各国政府を震え上がらせることとなった。創設者ジュリアン・アサンジはオーストラリア出身。サーバーは卓越したハッカーでも侵入は容易ではなく、ミラーサーバーが各国に点在する。寄付を管理しているドイツの財団がサポートしているという。

オバマ米大統領は就任以前に、内部告発者を保護する法律を支持し、その弁護も手掛けたが、一転して漏洩防止のために人事や強化策に躍起になっている。独誌記者による創設者の日常に踏み込んだ密着ドキュメントであり、既存メディアの報道のあり方も問う。

早川書房 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。