イオン名誉顧問「人間の能力なんて知れたもの」 成長を可能にしたもの、あるべき組織とは。

印刷
A
A

大卒の採用、そして長期ビジョン。合併以前から岡田屋には「将来設計」があった。小嶋千鶴子氏のインタビューを再録。

(撮影:吉野純治)
イオン名誉顧問の小嶋千鶴子(こじま・ちづこ)氏が5月20日、亡くなった。106歳だった。弟はイオン名誉会長相談役の岡田卓也氏。
1939年に家業でイオンの前身にあたる岡田屋呉服店の代表取締役に就任した。1969年のジャスコ(現イオン)設立後は、取締役や常務取締役として、人事や教育制度の整備などに尽力した。卓也氏を助け、流通大手の礎を築いた。
2007年、当時90歳の小嶋氏は、週刊東洋経済「長老の智慧」のインタビューページに登場。イオンの歩みや人材育成について語った全4回のインタビューを再録する。
第2回は「人間の能力は知れたもの。ワンマン経営なんか現実にはない」

岡田屋時代の1963年から、大卒の本格採用を始めました。それまで小売屋へは大卒が来ないんですね。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内