有料会員限定

JALとANA、決算で見逃せない「貨物収入」の貢献度 ANAは貨物専用機を生かして輸送需要に応えた

印刷
A
A

難解な決算書はビジュアル化し、企業同士や経年で比べることでわかる。さまざまな企業の決算書を図解で攻略していく。

コロナ禍で低迷続く航空各社(撮影:尾形文繁)

長引くコロナ禍で苦しい状況が続く航空各社。業界の2大巨頭である日本航空(JAL)、ANAホールディングス(HD)ともに2期連続の営業赤字となった。両者とも公募増資や資金調達を行い乗り切ろうとしている。

光も見える。ANAHDは2021年10〜12月決算で1.9億円の黒字を確保した。その要因は貨物事業だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内