49歳の常務を社長に抜擢したオムロン、驚きの人事が狙うもの


「創業家から出なくてもいいだろう」

2代続けて創業一族以外の社長が就任するが、社内には気にする様子はない。立石会長は常々、「(オムロンの社長は)創業家から出なくてもいいだろう」と公言していた。

オムロンでは1958年に掲げた『企業は社会の公器』との理念が根付く。また、創業者・立石一真氏(故人)の持論であった「『できない』ではなく、どうすればできるかを工夫する」「改善の余地があるのならば、まずやってみる」といったチャレンジ気質あふれる社風がある。こういった創業家の精神が社員に浸透しているため、創業一族の求心力に頼る必要はないと判断しているようだ。

山田氏も「チャレンジを重視するのがオムロンの企業文化だ」と、決意を新たにした。最重要課題である海外事業を加速することができるのか。若きリーダーの手腕が試される。

やまだ・よしひと
1961年11月生まれ。84年、同志社大卒、立石電機(現オムロン)入社。健康医療機器部門を歩み、ロシアや中東など新興国市場の開拓で実績を上げた。学生時代はハンドボール選手として活躍。趣味は読書やゴルフなど。

(梅咲恵司 =東洋経済HRオンライン)

◆オムロンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

 

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。