有料会員限定

沈黙のうちに行使されるプーチン大統領の大戦略 プーチンの胸の中にある戦略を推定することが死活的に重要になる

印刷
A
A

ウクライナ侵攻でロシアは世界のほとんどの国を敵に回した。ロシアを積極的に支持しているのはシリア、イラン、北朝鮮などの「ならず者国家」だ。ここまでのリスクを冒して、プーチン大統領は何を獲得しようとしているのだろうか。この問いに答えるヒントが、2月21日に行われた安全保障会議におけるプーチン氏とナルイシキンSVR(対外情報局)長官とのやり取りにある。

ロシア情勢に詳しい日本経済新聞の池田元博編集委員(元モスクワ支局長)が興味深い指摘をしている。

〈プーチン氏の独善ぶりは、ウクライナの親ロ派支配地域の承認問題を討議した2月21日の安全保障会議でもうかがえた。事実上の最高政策決定機関とされる同会議には各治安機関のトップ、首相、外相、上下両院議長らが参加。司会役のプーチン氏は各人に独立承認の是非を聞いたが、自らの意にそぐわない発言者には厳しい態度をとった。典型例がナルイシキン対外情報局長官とのやりとりだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内