中国が鉄鋼業の脱炭素目標を5年延期する事情 25年目標は「あまりに性急かつ非現実的」

✎ 1〜 ✎ 154 ✎ 155 ✎ 156 ✎ 最新
拡大
縮小
性急な脱炭素政策によって、中国の鉄鋼やアルミは一時生産停止を余儀なくされた(ロイター/アフロ)

中国の鉄鋼業界が排出する二酸化炭素(CO2)の量をピークアウトさせる時期について、中国政府が目標を2025年から30年に延期したことが明らかになった。

鉄鋼業界の産業政策および環境対策を所管する工業情報化省、国家発展改革委員会、生態環境省は2月7日、連名で新たな「指導意見(ガイドライン)」を通達した。

20年12月末に示されたガイドラインの原案では、鉄鋼業界のCO2排出について「25年までのピークアウト実現を率先して目指す」と明記していたが、今回の通達ではこの部分が「30年までにピークアウトを実現する」に修正された。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内