中国「石炭産出量」が過去最高更新の気まずさ 21年の産出量は前年比4.7%増の40億7000万トン

✎ 1〜 ✎ 151 ✎ 152 ✎ 153 ✎ 最新
拡大
縮小
山西省大同市の炭鉱で石炭を仕分ける作業員ら。2021年10月以降生産を急増させた(AFP/アフロ)

国を挙げての脱炭素政策の推進で石炭火力発電の出力を抑制しようとした中国。だが、2021年の通年で見ると、石炭産出量は過去最高を更新した。

中国の石炭産出量が過去最高を更新した。国家統計局が1月17日に発表したデータによれば、中規模以上の石炭企業による21年の産出量は40億7000万トンと、前年比4.7%増加。新型コロナウイルスの大流行が始まる前の19年と比べても5.6%上回った。

産出量増加の背景には、中国国内で新型コロナの流行が落ち着き、石炭需要が火力発電向けを中心に大きく回復したことがある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内