有料会員限定

医療法人220「自己資本比率」増減ランキング 収益の悪化で債務超過に転落した法人も

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小

コロナは医療法人の収益にどのような影響を及ぼしたのか。財務の健全性を示す指標に注目してランキングした。

大手医療法人の最新決算を調査したところ、債務超過に転落したところもあった。写真と本文は直接関係ありません(編集部撮影)

特集「病院決算ランキング」の他の記事を読む

コロナ禍は大手病院の経営にどのような影響を及ぼしたのか。東洋経済は、全国の大手医療法人を対象に、自治体へ届けられている決算資料を情報公開請求などで取得。そのデータを基にランキングを作成した。

ここでは、財務の健全性を示す指標である「自己資本比率」に注目し、コロナ禍の前後に当たる2019年度と2020年度の数値を比較。マイナス幅が大きい順にランキングを作成した。

債務超過に転落した医療法人も

決算期ごとの収支動向も重要だが、自己資本比率が高いほど経営が安定しているといえる。収支が赤字になったり、借入金が膨らんだりするとその比率は低下する。経営不振から赤字が続くと自己資本が棄損され、負債が資産を上回る「債務超過」に転落することもある。

今回、最新の決算資料を入手できた220の医療法人の中で、自己資本比率が70%超と高水準なところが複数ある一方、2020年度に債務超過に転落した医療法人が2つあった。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内