24の医療法人が債務超過「経営健全度ランキング」 大手医療法人の自己資本比率が一目でわかる

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小

経営の健全性示す指標である「自己資本比率」。大手の医療法人を比べると大きな差がある。

大手医療法人の経営状況はどうなっているのか。最新の決算資料を集め、自己資本比率を比べた(編集部撮影)

特集「病院決算ランキング」の他の記事を読む

コロナ禍は病院の経営にどのような影響を及ぼしたのか。東洋経済は、全国の大手医療法人を対象に、自治体へ届けられている最新の決算資料を情報公開請求などで取得。そのデータを基にランキングを作成した。

今回は「自己資本比率」に着目し、比率が低い順にランキングした。

自己資本とは、返済する必要のない資金のこと。この比率が高いほど経営は安定するといえる。逆に経営不振から赤字が続いたり、借入金が膨らんだりするとその比率は低下する。収支の赤字が続くと、負債が資産を上回る「債務超過」に転落することもある。

そのため、自己資本比率は、「経営健全度を測るものさし」ともいえる。今回、最新の決算資料を入手できた220の医療法人の中で、2020年度末時点で債務超過に陥っていた医療法人は24法人あった。一方、自己資本比率が90%を超す医療法人は3つあった。

債務超過に陥っている要因の一つは、過剰投資や患者減少などによる経営不振だ。ワースト1位は平野総合病院などを運営する誠広会(岐阜県)だった。

次ページ自己資本比率ワーストの理由は?
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内