有料会員限定

IMF融資の変質を憂う パンデミックで緩んだ規律

✎ 1〜 ✎ 634 ✎ 635 ✎ 636 ✎ 最新
拡大
縮小

インフレが長期化し、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な利上げに踏み切らなければならなくなったとしたら、新興国にショックが広がるのは避けられない。その場合、事態の収拾に当たるのは誰なのか。国家を破綻の危機から救う役割を担うのは通常、国際通貨基金(IMF)だ。しかしIMFはそうした役目にうんざりしているとみえる。昨今のIMFは、債務問題を抱えた国を支援するという伝統的な役割を受け入れるのではなく、援助機関に変身しようとしているからだ。

もちろん、けちん坊といわれるよりは気前よく振る舞ったほうが楽しいに違いない。富裕国の国際援助規模はあまりに小さく、筆者も長年、貧困国の脱炭素を資金と技術の両面で援助する「世界炭素銀行」の設立を訴えてきた。だが世界の民間資金フローの規模は公的な融資を圧倒する。IMFの伝統的な融資プログラムは、金融危機対応上、今でも極めて重要な役割を占めているということだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内