有料会員限定

IMF融資の変質を憂う パンデミックで緩んだ規律

✎ 1〜 ✎ 634 ✎ 635 ✎ 636 ✎ 最新
拡大
縮小

インフレが長期化し、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な利上げに踏み切らなければならなくなったとしたら、新興国にショックが広がるのは避けられない。その場合、事態の収拾に当たるのは誰なのか。国家を破綻の危機から救う役割を担うのは通常、国際通貨基金(IMF)だ。しかしIMFはそうした役目にうんざりしているとみえる。昨今のIMFは、債務問題を抱えた国を支援するという伝統的な役割を受け入れるのではなく、援助機関に変身しようとしているからだ。

もちろん、けちん坊といわれるよりは気前よく振る舞ったほうが楽しいに違いない。富裕国の国際援助規模はあまりに小さく、筆者も長年、貧困国の脱炭素を資金と技術の両面で援助する「世界炭素銀行」の設立を訴えてきた。だが世界の民間資金フローの規模は公的な融資を圧倒する。IMFの伝統的な融資プログラムは、金融危機対応上、今でも極めて重要な役割を占めているということだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内